ホームご案内スタジオ案内ギャラリー掲示板リンクモノローグ

バレエスタジオ ミューズ クリスマス公演「くるみ割り人形」・アルカイックホール 大ホール
2010年 12月12日(日)   ●ご覧になりたい写真をクリックしてください。  
 ※それぞれの画面左上の「+」をクリックすると、画面をコントロールできます。

第1幕1場 [クリスマスパーティー]
クリスマス・イブの夜、クララは部屋の中から街の様子をながめていると、子供たちが雪合戦を始めたり、若いカップルが現れたり、みんなイブを楽しんでいます。その夜、みんながクリスマスパーティーに集まってきました。居間には、大きなクリスマスツリーが飾られ、大勢の大人や子供たちがダンスを踊り楽しんでいます。
そこへ人形使いのドロッセルマイヤーが登場し、人形を可憐に踊らせてみんなを楽しませてくれています。クララが、ドロッセルマイヤーにもっと人形を見せて欲しいとお願いすると、1体のくるみ割り人形をプレゼントされました。それを見ていた弟のフリッツも、そのくるみ割り人形を欲しくなり取り上げてしまい、ケンカする二人は、お父さんにしかられます。夜が更け、遊びつかれたクララは眠ってしまい、お父さんに抱かれて部屋に連れて行かれ、ようやくクリスマスパーティーもお開きとなります。

 


第1幕2場 [魔法の世界]
夜中に目の覚めたクララは、くるみ割り人形が気になり、こっそり起きて静まりかえった居間にやってきます。すると突然、クリスマスツリーが大きくなったかと思うと実は、魔法でクララが小さくなってしまったのです。何が起こったのか不安なクララの前にネズミの大群が現れ、おもちゃの兵隊たちと戦争を始めます。その時、あのくるみ割り人形は凛々しい王子となって指揮を取り、ネズミの王様と激しい一騎打ちが繰り広げられます。戦況が不利なくるみ割り人形にクララも加勢し、ネズミの王様とネズミたちを追い払うことが出来ました。夢にまで見た王子にクララは感激し、自分もりっぱなレディに成長したことを知りました。
第1幕3場 [雪の情景]
王子は、助けてくれたお礼にクララをお菓子の国へと招待します。いつの間にか雪の国にやって来た二人は雪の女王様の導きで旅立ちます。美しいメロディー、美しい歌声が響きわたり雪の精たちが華麗に舞います。白銀に輝く、それはそれはきれいな世界です。


第2幕[お菓子の国]
お菓子の国では、王子が金平糖の精にクララを紹介すると、お菓子の精たちによる世界各国の華麗な踊りで歓迎してくれました。最後にくるみ割り人形の王子と金平糖の精が一緒に踊り、楽しい宴も終わりました。
クララがふと気が付くと、そこはお菓子の国ではなく、自分の家の居間でした。横には可愛いくるみ割り人形がいました。そうです。すべてはクリスマス・イブのクララの夢だったのです。

●お問い合わせ・入会お申込みなど・・・バレエスタジオ ミューズ  E-mail:info@mjuz.com
   〒550-0014 大阪市西区北堀江2-5-10 松枝ビル2F・3F 電話:06-6536-0749 FAX:06-6536-7495

Copyright © 2010 Ballet Studio mju:z & Soda Ballet School All rights reserved.